国際交流プログラム

先輩の話を希望と糧に!車座懇談会


平成26年度車座懇談会について

2015年1月10日(土)神戸市産業振興センター10階のレセプションルームで、就職活動中の兵庫県の大学に在籍する留学生を対象に「留学生のためのOB・OGとの車座懇談会」を開催しました。
異なる業界の日本の企業に勤めている、3ヵ国4名の講師の方に来て頂き、就職活動についてだけではなく、実際に日本の企業で働くとはどういうことなのか、また、“外国人”ならではの悩みや大切にしていることなど、大変貴重なお話をして頂きました。
後半は、質疑応答の時間を設けた後、31名が4グループに分かれ車座懇談会を行いました。ここでは、より深く、細かい内容の話を聞くことができ、学生からも「リアルな声が聞けて非常に勉強になった」という声が多くあがっており、大変意義のある会になったと思います。

講師の横顔

講師の横顔

  • 大阪大学大学院修了
    中国 メーカー(医薬品試験機器) 入社3年目
  • 姫路獨協大学卒業
    韓国 商社(機械、半導体、電子部品) 入社2年目
  • 神戸大学大学院修了
    中国 メーカー(精密機器、機械、重電) 入社2年目
  • 大阪大学大学院修了
    メーカー(電子部品) 入社1年目

車座懇談会の風景

車座懇談会の風景

参加留学生の声

参加留学生の声

  • 就活は目的達成ではなく、手段の選択であること。入社後はどのように働くか、どのように長く続けるかということがとても勉強になりました。
  • 日本の企業の仕事の内容について、前より理解できるようになりました。そして、面接の経験、企業分析の方法などについても、非常に勉強になりました。
  • 就職活動をするために、やはり自分のことに自信を持って、積極的に取り組むことが大事だと感じました。

このページの上へ↑