国際交流プログラム

先輩の話を希望と糧に!車座懇談会


平成27年度車座懇談会について

2016年1月9日(土)に神戸市産業振興センター10階のレセプションルームで、日本で就職を目指す留学生22名と先輩留学生のOB、OG4名を囲んで「車座懇談会」を開催しました。
OB、OGは入社1年目、2年目、3年目、4年目とフレッシュな方々で、留学生にとっては身近に感じられる皆さんでした。
プログラムは2部構成となっており、第1部ではOB、OGの皆さんから今の会社を選んだ理由とか、就活時の苦労話、現在の仕事、仕事をする上での心構えなど、経験を踏まえた貴重な話をして頂きました。第2部では4グループに分かれてOB、OGと和気あいあいの雰囲気の中で、就職時の苦労話に加え、必要とされる日本語能力、外国人としての強み、弱み等の内容で活発な意見交換が行なわれました。

講師の横顔

講師の横顔

  • 入社1年目 中国 女性
    テクノロジー・ソリューション事業会社
  • 入社2年目 中国 男性
    化学メーカー
  • 入社3年目 韓国 男性
    医療関係商社
  • 入社4年目 中国 男性
    化学メーカー

車座懇談会の風景

車座懇談会の風景

参加留学生の声

参加留学生の声

  • 自分が知らなかった企業や業界について知ることができ、先輩達が就活当時の生の話を知ることができて、理解できました。
  • 自分が見落としていたものがあり、それを乗り越えるためには何をすればいいかが少し明らかになりました。
  • 就活する際、逆に人が注目していない点、会社に目を向けるのも良いかもしれないという点です。
  • 就職活動は非常に長いし、苦戦にはなりますけど、今から自信を持って行動すれば必ずいい結果がもらえると共感しました。
  • 留学生の強み、弱みがよくわかりました。
  • 営業職はやはり残業が多いということが分かりました。また、日本の企業の数が想像以上に多いことも分かりました。
  • 日本で就職することに対しては、何となくイメージができました。
  • 留学生先輩の生の声を聞いて、本当に聞きたいことが聞けました。よかったです。
  • 日本で働くことで、自分が何を求めているのかがちょっとイメージできました。
  • 先輩達から色んなことを理解できました。自分の分析、企業を研究する必要があると思いました。
  • 外国人の弱みと強みに関して、4人の方々の感想を聞くことができて、自分が就職する時にはどうアピールしたらいいかが少し分かりました。

このページの上へ↑