国際交流プログラム

Working College



留学生交流バスツアー in 宍粟

主催

大学コンソーシアムひょうご神戸、(公財)兵庫県国際交流協会、日本国際連合協会兵庫県本部、兵庫EU協会

協力

宍粟市

目的

加盟校留学生・日本人学生を対象に、兵庫の農山漁村の暮らしに触れ、日本文化や伝統産業を体験する1泊2日の合宿を開催し、文化比較を通じ文化の多様性を学ぶ。また、地域の方々との交流を行い、宍粟という地域の活性化に対して学生ができることを議論する場を提供する。

場所

兵庫県宍粟

スケジュール

日程

平成26年6月7日(土)〜8日(日)

参加者

参加学生数
28人(日本人学生9名、留学生17名)
出身国
日本(9)、中国(6)、韓国(2)、台湾(1)、タイ(1)、インドネシア(1)、フィリピン(1)、ベトナム(1)、アメリカ(1)、オーストラリア(1)、イタリア(1)、ドイツ(1)、パラグアイ(1)、ニカラグア(1)
※( )は人数
参加学校数
8大学
参加大学
関西国際大学(7)、関西学院大学(5)、神戸大学(4)、兵庫県立大学(4)、神戸学院大学(4)、甲南女子大学(2)、神戸女子大学(1)、甲南大学(1)
※( )は人数

平成26年6月7日(土)

8:15
集合
10:30

11:30
播州山崎花菖蒲園
11:50

12:40
山陽盃酒造見学
13:00

13:45
昼食(ドライブインながさわにて)
14:30
旧千種東小学校(宿舎)到着
野の花ガイドウォーク
黒豆苗植え
夕食準備 及び シャワー
夕食バーベキュー(地元の方々と共に)
ナイトウォークラリーや星空観賞

平成26年6月8日(日)

9:00
旧千種東小学校出発
10:00
県立国見の森公園
10:10
ミニレールで山上へ
10:30

12:30
学習館にて発表会
12:40
山麓へ出発
13:00

15:30
山麓館で竹にてつくる豆ごはん・ハンバーグ・目玉焼き
15:30
国見の森公園出発
17:30
解散

学生企画委員の声

私は「留学生交流バスツアーin宍粟」の企画運営に携わらせて頂きました。
今回のプログラムでは、留学生と日本人学生が一緒に宍粟市のアピールポイントを探しに行ってきました。
色んな国の人達と話をして、刺激を受けて、自分自身を大きく成長することができました。
言葉の正確さはもちろん大事ですが、情熱を持って相手に伝える姿勢の方がよっぽどな重要であることを改めて気づきました。また、日本の伝統産業や自然を体験しながら、地元の人と交流することによって、宍粟の魅力をたくさん発見することができました。国籍関係なく、皆が一丸となり、真剣に地域の魅力の発信の仕方について考えたことも貴重な経験だと思います。
短い期間でしたが、たくさんの友達ができ、新たな学びもいっぱいありました。私に とって、一生の宝物だと思います。

兵庫県立大学 卜召杰

※今年度、学生委員は兵庫県立大学の卜召杰さん、関西国際大学の宋健さん、甲南女子大学の大西佳奈さんに務めて頂きました。

このページの上へ↑

留学生交流プログラム in 但馬

主催

(公財)兵庫県国際交流協会、大学コンソーシアムひょうご神戸、日本国際連合協会兵庫県本部、兵庫EU協会

協力

新温泉町、香美町

目的

この2泊3日のプログラムでは、留学生と日本人学生が一緒に兵庫県の但馬地域に行きます。そこで、日本の伝統産業自然を体験しながら地元の人と交流することによって、地域の魅力の発信の仕方について考えます。

場所

兵庫県但馬地域

スケジュール

日程

平成25年6月7日(金)〜9日(日)

参加者

25人(学生)+5人(兵庫県国際交流員)

参加学生数
30人(日本人学生9名、留学生16名、)
出身国
日本(9)、中国(6)、アメリカ(4)、イギリス(1)、オーストラリア(1)、パラグアイ(1)、フランス(2)、韓国(1)
参加学校数
9大学
参加大学
神戸学院大学(1)、甲南女子大学(3)、University of Maryland(1)、兵庫県立大学(3)、関西学院大学(7)、神戸常盤大学(2)、神戸大学(6)、神戸女子大学(1)、神戸夙川学院大学(1)
※( )は人数

平成25年6月7日(金)

9:00
神戸出発
12:30
香住到着
12:30

14:30
地引網体験、昼食
15:00
香住鶴酒蔵見学
16:30
民宿到着
18:30
夕食

平成25年6月8日(土)

9:00
出発
10:00
浜坂にて遊覧船でジオパーク見学
12:00
上山高原にて植樹活動
15:00
湯村温泉で足湯・温泉たまご体験
16:15
但馬牧場公園到着、フリータイム
18:30
夕食、地元の方々との交流

平成25年6月9日(日)

9:00

10:00
発表の準備
10:00

10:45
発表会
11:00
出発
12:00
昼食
13:00
竹田城跡で登山
15:30
竹田城跡出発
18:00
神戸(三宮近辺)到着、解散

学生企画委員の声

私は「留学生交流プログラムin 但馬」の企画運営に携わらせて頂きました。
今回の交流プログラムでは、日本人の学生と留学生が一緒に「但馬の魅力」を探しに行ってきました。来日してからずっと都市部に住んでいる私にとって、初めて日本人でもなかなか馴染みのないところへの旅行は楽しみがたくさんでした。留学生の立場から、日本人の学生と一緒に新鮮な自然を味わいながら、日本の伝統産業を見て、地域の魅力を多角的に発見し、世界に宣伝していくことを考えることがとても貴重な経験だと思います。外国人の私でも今回の交流プログラムで異文化交流の良さを感じていましたので、日本人の学生ももっと視野を広げたのではないかと思います。

関西学院大学 劉 みょう

このページの上へ↑

ひょうご異文化体験ツアー(家島企画)

活動報告

主催

公益財団法人兵庫県国際交流協会

共催

NPO法人いえしま、studio-L、大学コンソーシアムひょうご神戸学生企画委員会

目的

兵庫の家島地区を訪問し、学生同士の交流を深め、同時に日本文化を学ぶ。
また、家島の活性化を目指したPR方法を学生同士で考え、提案する。

場所

兵庫県姫路市家島地区

スケジュール

日程

平成23年11月5日(土)〜6日(日)

参加者

27名

参加学生数
27名(留学生15名、日本人学生12名)
出身国
中国(4)、韓国(3)、インド(2)、ペルー(1)、ルーマニア(1)、ベトナム(1)、ポーランド(1)
インドネシア(1)、フランス(1)
参加学校数
7大学、1校
参加大学
関西学院大学(6)、神戸大学(11)、神戸学院大学(2)、神戸山手大学(1)
兵庫県立大学(3)、流通科学大学(1)、早稲田大学(1)、創価ゼミナール(2)
※( )は人数。

平成23年11月5日(土)

11:00
開会式
11:30
昼食 自己紹介
13:00
釣り
15:00
岩のりパッケージ作成
※発表 グループ毎
17:00
クッキング、夕食(釣った魚を使って料理、手巻ずし)
18:30
交流会(ビンゴ大会、自分の国の自慢紹介)

平成23年11月6日(日)

10:00
島内観光(家島神社、宮浦夜泊、清水公園、清水浜)
12:00
昼食(家島たこ焼)
13:00
発表準備
15:00
閉会式
※発表 グループ毎(家島の魅力について)

参加者の声

  • 他大学の留学生や日本人学生に出会え、友達ができて良かった。
  • 違う国籍の人々と共同作業から発表まで、進む過程がおもしろかった。
  • 自分が働く上で、ものや仕組みがどのように流れているか明確に把握する大切さを学んだ。
  • 社会人の話を聞くことで、思いやりを持って仕事をする姿勢を見習いたいと思った。
  • 今後もこのような企画に参加し、社会人の姿勢を学び学生同士のコミュニケーションを深めたい。

学生企画委員の声

私は家島での異文化体験ツアーの企画運営に携わらせて頂きました。
このツアーでは、留学生とともに家島のアピールポイントを探しました。留学生にとって、日本の家屋や人と人とが触れ合う商店街の姿から日本の温かさや魅力を感じており、私は日本の良さを実感してもらえたことが嬉しかったです。日本で留学生と交流することによって、私自身、外国人の文化や考え方を知るだけでなく、日本の魅力を再発見することができました。
この活動を通して、海外についての興味を持つと同時に、日本や自分の住む地域についても愛着が深まり、この活動を通してより多くの人に日本や兵庫について伝えていきたいと感じています。

兵庫県立大学3回生 藤井 綾子

このページの上へ↑