イベント

平成28年度 兵庫国際交流会館における国際交流拠点推進事業(G-NaVi)キックオフシンポジウムA
多文化共生から始まる防災・減災・復興
−阪神・淡路大震災の教訓と熊本地震−

「キャリア100人会議」〜今の自分自身を知れる場!〜阪神・淡路大震災の教訓が生きる神戸で、今も神戸の復興に尽力する方々と、留学生、日本人学生、本テーマに関心を寄せる地域の皆さんが集い、防災・減災・復興について考えませんか。熊本地震の被災留学生と支援者もお迎えして、被災地の今も伺います。

日 時:平成29年2月25日(土) 13:30〜17:00
場 所:兵庫国際交流会館3階多目的ホール
対 象:どなたでもご参加いただけます。
     (日本語での講演。外国の方向けに英文参考 資料を用意)
主 催:兵庫国際交流拠点事業推進協議会、
     大学コンソーシアムひょうご神戸
申込締切:※応募者多数のため申込受付を終了しました。
        たくさんのご応募ありがとうございました。


【プログラム】

時間 内容
13:30〜13:40 開会挨拶・事業概要の説明
13:40〜14:50 第一部:基調講演
「阪神・淡路大震災に学ぶ〜大震災時における危機管理」
講演者:遠藤 勝裕氏(日本学生支援機構理事長、元日本銀行神戸支店長)
−−−休憩−−−
15:15〜16:55 第二部:パネルディスカッション
多文化共生の観点から災害理解を深め、防災教育と災害時の外国人に対する支援のあり方、日常の備え、まちの復興について、意見交換します。
登壇者:・宮定 章氏(認定NPO法人 まち・コミュニケーション代表)
      ・勝谷 知美氏(熊本市国際交流振興事業団事務局次長)
      ・熊本県で被災した留学生
      Andrew Mitchell(アンドリュー ミッチェル)氏
                  (イギリス出身・熊本大学大学院公共政策専攻)
      Khine Zar(カイ ザール)氏
                  (ミャンマー出身・熊本大学大学院薬学専攻)
      ファシリテーター: 遠藤 勝裕氏(日本学生支援機構理事長)
17:00 終了

本件に関するお問い合わせは、下記までお願い致します。
大学コンソ―シアムひょうご神戸(中水、上野山)
メール:info@consortium-hyogo.jp 電話:078-271-0233 FAX申込:078-271-0244

 

→詳しくはこちら