事業計画

平成29年度 学生交流委員会 事業計画

事業計画の概要

学生交流委員会
委員長校:神戸親和女子大学

副委員長校:甲南大学

委員校:関西国際大学、関西学院大学、聖和短期大学、甲南女子大学、神戸大学、
神戸海星女子学院大学、神戸学院大学、神戸松蔭女子学院大学、
神戸女学院大学、神戸女子大学、神戸常盤大学、神戸常盤大学短期大学部、
神戸山手大学、神戸山手短期大学、園田学園女子大学、
園田学園女子大学短期大学部、宝塚大学、兵庫県立大学 
計20校

目的

学生交流委員会では、学生プロジェクト事業、神戸市社会福祉協議会・ひょうごボランタリープラザ 共催学生ボランティア事業、日本財団学生ボランティアセンター協働 防災・災害復興支援 学生ボランティア育成事業の3つの事業により、コンソ加盟大学の学生に対して、他大学の 学生との交流、自治体・企業など地域社会との交流、被災地との交流、社会人との交流等の 場を提供することにより、参加した学生に様々な交流を促し、この経験が大学4年間の学生生活の充実に資するよう、各種プログラムの内容の充実を図り、実施したいと考える。

内容

学生プロジェクト事業は子どもや保護者、他大学生との交流事業として、来年度も「キッズ フェスティバル」を実施する。学生ボランティア事業は、過去6年間の経験を踏まえ、 学都仙台コンソーシアム(尚絅学院大学、東北学院大学)、神戸市社会福祉協議会、 ひょうごボランタリープラザ(兵庫県社会福祉協議会)との連携をベースに登録ボランティア 制度を継続し、従来の宮城県名取市でのボランティア活動に加え、熊本県益城町での活動も 新たに展開する。
日本財団学生ボランティアセンター協働 防災・災害復興支援学生 ボランティア育成事業は平成27年から3ヵ年継続事業としての枠組みであり、平成29年度も 継続し、フィールドワークや研修を行い、防災・災害・復興支援活動に取り組むことができる 学生ボランティアの育成に努める。 また事業の実施体制として、ユニット制での実施を昨年度から継続して実施する。 上記3事業に基づく3ユニットのいずれかに全委員校が参加し、ユニットごとに企画立案から 実施まで一貫して行う。ユニット制の実施により、各加盟校のコミットメントを増やし、 多くの加盟校が主体的に参画することにより、学生交流の実質化に繋げる。

期待される効果

学生交流委員会では、この3つの事業により、コンソ加盟大学の学生に対して、 他大学の学生との交流、自治体・企業など地域社会との交流、被災地との交流の場を 提供することができる。また参加した学生に様々な交流を促すことにより、学生自らが 他大学の学生と協働し企画を実現することによる能力向上の機会も提供する。

(実施プログラム概要)
@ 学生プロジェクト事業「キッズフェスティバル」
プログラム名 事業分類 地域交流・学生交流
学生プロジェクト事業「キッズフェスティバル」
目的 <活動目的・ねらい、など>
学生プロジェクト事業は、大学コンソーシアムひょうご神戸に加盟している大学の学生に、子どもとの交流、親御さんとの交流、他大学生との交流を通じて、自ら考え行動する力を身につけることはもとより社会に適用するために求められる「社会人基礎力」を身につけることを目的とする。
特に、将来、子どもに関わる仕事、ひとに触れ合う仕事を希望している学生にとっては、貴重な体験となる。このプロジェクトによって現場体験することで、企画力、調整力、対応力、実践力、コミュニケーション力等が身につき、有意義な学生間交流が図られると期待している。
内容

・実施内容
学生プロジェクト事業は、「学生と子どものふれあいを通した学生の交流」をコンセプトに据え、イベントの企画立案、イベントの運営等のマネジメントを行うことで、自ら考え行動する人材の育成及び企画力、創造力や運営力等、学生が社会で求められる適応力を身につけることも目的として実施する。
「キッズフェスティバル」と題し、「子ども」をテーマにイベントを企画、運営する。具体的には、子どもたち(キッズ)を対象とした、「スポーツ」、「音楽」、「食」、「あそび」、「ものづくり」等の小テーマを設定し、各大学から学生の参加を募る。

・具体的な進め方など
参加大学の運営スタッフ(3名程度選出予定)からなる学生実行委員会を編成し、本番に向け数回の実行 委員会を開催(平成28年度実績4回)して、企画・運営等について話し合って決めて行く。
その学生たちを中心に各大学が連携、協力して実施していくことで、企画段階から学生間の交流も深められると考えている。

【開催時期】
2017年11月下旬の日曜日

【場所】
こべっこランド(神戸市総合児童センター)[予定]

【参加者数】
1,000名(平成28年度実績 735名、平成27年度実績 約1,000名)

運営体制 学生交流委員会(担当:神戸親和女子大学)、大学コンソーシアムひょうご神戸事務局
到達目標 <定量(参加大学・教職員数、など)・定性>
・新規事業として平成27年度から開催。第1回は王子動物園、第2回はこべっこランドで開催し、2回ともに学生の参加も多く(約200名)、当日の来場者も2回とも約1,000名の親子等が参加してくださり、大変好評であった。来年度は3回目を迎えることになるので、いっそうの充実・飛躍を期したい。
・当事業ユニット参加大学から運営スタッフ数名の選出、各大学から学生実行委員を3名程度募集する。
・子どもの参加者は、300名を想定。神戸市周辺の保育所・幼稚園・児童センター等に広報を行い集客を図る。
期待される効果 <活動計画を実行した際に得られる効果、など>
・学生自身がイベントの企画立案や運営等のマネジメントを行うことで、自ら考え行動する人材の育成および企画力、創造力や運営力等、学生が社会で求められる適応力を身につける機会となる。
・またイベントの企画立案から運営までを他の学生と協力して実施するなかで、同じ目標に向かってともに取り組む経験をすることで、より深い学生交流につながっている。
・さらに、地域の子どもたちを対象としたイベントを実施し、子どもたちが楽しめる機会、大学生のお兄さんお姉さんと交流する機会を設けることによって、社会貢献としての効果も期待できる。
改善提案と対策 一番の課題は、会場の確保である。立地条件の良い、広いスペースで、使用料の安い場所がいいのだが、この条件は現実的にはほぼ不可能である。次年度もこべっこランドで開催できる見通しとなっており、決して十分な環境ではないが、総合的に見て開催場所として相応しい会場であり、協力体制で実施ができるものと期待している。参加学生たちから、交通費支給を要望する声が多くある。会計処理上の問題もあり、なかなか厳しいが、何か対策が必要ではと思っている。
新しい試み等 新しい試みというよりも、安全で楽しいイベントとなるよう、27年度、28年度の経験を生かして、29年度につなげて行きたい。
A 神戸市社会福祉協議会、ひょうごボランタリープラザ共催 「学生ボランティア事業」
プログラム名 事業分類 社会連携・地域交流・学生交流
神戸市社会福祉協議会、ひょうごボランタリープラザ共催 「学生ボランティア事業」
目的 <活動目的・ねらい、など>
本事業においては、新たにボランティアに参加したい学生に機会を提供するとともに、継続的なボランティアリーダーの養成を行うために外部機関と連携を図り、東日本大震災、熊本大震災の被災地において、学生の自主的且つ自発的なボランティア活動を実現することを目的として実施する。東日本大震災被災地での活動を継続するとともに、前年度から開始した熊本大震災被災地との双方を活動フィールドとして実施する。被災でストレスを抱えた子供たちのケアや、仮設住宅や復興住宅に居住されている高齢者の方々の一助となるような、学生ならではのボランティア活動に取り組む。
これらの活動を通して、阪神・淡路大震災を経験した兵庫県下にある大学コンソーシアムとして震災復興支援を継続することにより、社会貢献に繋げる。
内容

【実施内容】
東日本大震災の被災地の復興支援のため、平成23年度から計8回(宮城県7回、岩手県2回)、ボランティア活動を実施してきた。この6年間の経験を踏まえ、今年度は神戸市社会福祉協議会、ひょうごボランタリープラザ(兵庫県社会福祉協議会)と連携し実施する。また平成29年度からは宮城県名取市での活動に加え、昨年から開始した熊本県益城町での活動も行う共通プログラムとして実施する。参加学生は阪神淡路大震災からの知見や現場実習等の研修を重ね、復興住宅や仮設団地のボランティア活動を学生たちが自ら考えた企画により実施する。
【企画体的な進め方など】
平成29年度も、前年度の本ボランティア事業に参加した学生から学生スタッフ(リーダー)を募り、新たに募集するボランティア学生とともに活動を行う。特に学生スタッフ(リーダー)には、運営サポートや報告書の作成等を担ってもらう。学生自身の企画立案により意味のある交流ボランティアプログラムとして展開する。
【開催時期】
平成29年4月募集開始
平成29年5月〜8月オリエンテーション・研修会
平成29年7月現地事前ヒアリング(宮城県名取市、熊本県益城町)
平成29年8月現地ボランティア活動実施(宮城県名取市、熊本県益城町)
平成29年9月事後報告会
平成30年3月ボランティア報告書完成。県内外に情報発信する。
【場所】宮城県仙台市・名取市、熊本県益城町等
【参加者数】学生スタッフ(リーダー)10名、学生ボランティア30名の計40名程度(予定)

運営体制 担当:甲南大学、神戸大学、兵庫県立大学、神戸女子大学
共催:神戸市社会福祉協議会、ひょうごボランタリープラザ(兵庫県社会福祉協議会)
協力:学都仙台コンソーシアム(東北学院大学、尚絅学院大学)、大学コンソーシアム熊本(予定)
到達目標 <定量(参加大学・教職員数、など)・定性>
・学生スタッフ(リーダー)10名、学生ボランティア30名を確保。
・学生リーダー制度を活用し、昨年度の課題を改善した充実したボランティア活動を実施する。
・阪神淡路大震災について学ぶ場や県内でのボランティア実習を研修の中に取り入れ、実質的なボランティアを企画できる機会・環境を提供する。
・今まで開催してきた宮城県名取市での活動の継続(小規模)と併せて、熊本県益城町でのボランティア活動
(通常規模)の実施という二つのボランティアプログラムを統合して開催し、段階毎の被災地ニーズに貢献するボランティア活動を目指す。
・補助金獲得を継続して志向し、昨年度より低コストでの実施を図る。
期待される効果 <活動計画を実行した際に得られる効果、など>
宮城県名取市、熊本県益城町での活動及び交流を通して、参加した学生には、被災地の時間的経過による違いや現状について学び、その現状から各被災地で、現在求められていることを考える機会を提供できると考える。
 過去実施してきた宮城県名取市での活動において、被災地を見て、実際に現地で活動することによる自分自身の意識の変化について多くの学生が経験してきた。熊本県益城町の活動を通しては、被災から期間がそれほど経過していない状況の中で、何を行なえば、現地で役に立つことができるのかを考え、実践する場となる。
 学生交流事業であるため、各社会福祉協議会との共催事業ではあるが、参加した学生に様々な交流を促すことにより、学生自らが他大学の学生と協働し企画を実現することによるコミュニケーション能力向上の機会ともしたい。
 被災でストレスを抱えた子供たちのケア、仮設住宅や復興住宅に居住されている方々との交流を通して、状況に応じた被災地の復興や地域貢献の一部を学生が実体験することが、今後のボランティア人材の養成に繋がるものと期待している。
改善提案と対策 ・今年度は約7か月の活動であったが、次年度は活動期間の短縮化(7ヵ月⇒4ヵ月)を行い、学生の負担軽減を図るとともに、応募しやすい環境を整える。
・今年度は後半の神戸でのプログラムで現場実習を行ったが、次年度は、プログラム前半に神戸での現場実習の機会を設け、学生が企画立案時に、より実践的なボランティアの検討ができるプログラムとして実施する。
新しい試み等 ・神戸市社会福祉協議会、ひょうごボタンタリープラザ(兵庫県社会福祉協議会)との3社共催で実施する。
・今まで継続してきた宮城県名取市での活動に加え、今年から開始した熊本県益城町での活動の両方を組み込んだプログラムを開催する。
B 日本財団学生ボランティアセンター協働 「防災・災害復興支援学生ボランティア育成事業」
プログラム名 事業分類 学生交流
日本財団学生ボランティアセンター協働 「防災・災害復興支援学生ボランティア育成事業」
目的 <活動目的・ねらい、など>
○防災や災害復興支援のボランティア活動に対する学生の関心を高める。
○状況に応じた様々な役割を果たすことが重要となる復興支援の場において、より主体的に活動できる
  学生リーダーを育てる。
○兵庫県内41校による大学等高等教育機関の連合体である「大学コンソーシアムひょうご神戸」の事業として実施し、次の2点を目標とする。
 @所属校の枠組みを越えて、ボランティア活動に想いを持つ学生を支援し、加盟校の学生、教職員がともに学びあえる新しい場と連携のあり方を創り出す。
 A各加盟校のサークルやグループ、市民団体等で活動する学生同士で、自らの悩みや迷いに向き合える場を学外に作り視野を広げ他者を尊重して自らの理念を体現してゆく自主性と社会に向き合う勇気と行動力を育む。
内容 1.協働先   日本財団学生ボランティアセンター(Gakuvo)
2.実施期間 平成29年4月〜平成30年3月(予定)
3.プログラム(予定)
  Part1:技術講習や体験プログラム(関西学院千刈キャンプ、1泊2日)…5〜6月
  Part2:丹波水害被災地域を訪ね学ぶフィールドワーク(丹波市、1泊2日)…6〜8月
  Part3:学生企画として、Part1,2の経験を踏まえた学生企画を開催(開催地は企画内容に応じて決定)…8〜12月
       その他「ひなたぼっこ第3回カフェうまい秋フェスタ」への参加…9月
4.参加費   5,000円程度
5.募集人数 防災や災害復興支援のためのボランティア活動に関心ある加盟校の学生 20人
<予算>(案)
学生からの参加費収入:100,000円
Gakuvoへの予算要求 :3,050,810円(内訳…Part1:429,530円、Part2:1,053,000円、
                Part3:1,228,280円、スピンアウト企画:65,000円、報告書・チラシ作成:375,000円)
運営体制 コーディネーター:中水かおる副事務局長
事務局:学生交流委員会Gakuvoボランティア事業ユニット(リーダー校:関西学院大学、ユニットメンバー5校)
協働先:日本財団学生ボランティアセンター (Gakuvo)
到達目標 <定量(参加大学・教職員数、など)・定性>
次の2点を実践することで、学生20名の参加を到達目標とする。
・本プログラムを立ち上げた平成27年度(参加学生数:6大学11人)から、翌28年度プログラム(参加学生数:9大学20人)に発展した成果を、29年度も維持発展させ、通年で学生提案を生かした取り組みを進化させる視点で運営する。
・本プログラムに初めて参加するボランティア未経験者や、災害ボランティア経験者、リピーターなど、参加学生の経験値や 力量、関心度に応じて、活動内容のステップアップや視野を広げることができる場づくりを行う。
期待される効果 <活動計画を実行した際に得られる効果、など>
@加盟校の学生同士が、事業を通じて交流することで新たな学びや体験が得られる。
A加盟校の研修施設がもつ資源を生かし、アウトドアスキルや現場作業など活動の場で必要となる様々な技術や知識を、直接体験を通じて得ることが出来る。
Bボランティア活動体験実習や復興現地実習などを行い、災害復興現場のニーズである「学生ボランティアの質向上」を実現する。
C活動成果を関係者や地域社会に発信することで、学生ボランティア活動への関心や参加意欲を高める。
改善提案と対策

以下、改善提案のとおり、平成29年度も継続して実施する予定である。

日本財団学生ボランティアセンターとの共催により、当初計画通りプログラムは進行しており、来年度も同様の枠組みで継続を希望する。

新しい試み等 参加学生の発案を生かした取り組みをもとに、特に学生企画については連携先の日本財団学生ボランティアセンター(Gakuvo)との協議により、前向きな事業運営を心がけている。平成29年度も参画学生の意思を尊重したプログラム運営ができるように支援する。

<< 戻る

このページの上へ↑