事業計画

平成29年度 教育連携委員会 事業計画

事業計画の概要

教育連携委員会
委員長校:関西国際大学

副委員長校:兵庫県立大学

委員校:大手前大学、関西福祉大学、関西学院大学、聖和短期大学、甲南大学、神戸大学、
神戸医療福祉大学、神戸学院大学、神戸芸術工科大学、
神戸松蔭女子学院大学、神戸女子短期大学、神戸親和女子大学、
神戸常盤大学、神戸常盤短期大学部、神戸山手大学、神戸山手短期大学、園田学園女子大学、
園田学園短期大学部、姫路獨協大学、流通科学大学 
計22校

目的

県下大学の教育事業についての相互連携や高大連携の促進、教育資源活用に関する相乗効果を図る。
教育活動を通じて、多様な学生の交流を促進し、学習動機と学習経験の強化、教育効果の向上を目指す。
学生が所属大学の垣根を越えた学びに対し、単位認定の道を開くことで、コンソーシアム事業への参画の動機づけや、地域貢献活動の実現も期待する。

内容

1.単位互換事業
 (1)集中講義及び特色のある科目による単位互換制度の試行
 (2)学生派遣プログラムによる単位互換
 (3)学生の送り出し大学拡大の試行
 (4)単位互換協定締結大学、科目開放覚書締結大学及び開放科目の拡大
2.高大連携事業
 (1) ひょうご高校大学コンソーシアム
3.就職支援事業
 (1)合同企業説明会
 (2)企業とキャリアセンターとの意見交換会
 (3)県内の隠れた名企業魅力発見ツアー
 (4)企業経営者による体感講義
 (5)企業若手社員による学生への啓発

期待される効果

<期待される効果>
1.単位互換事業
 (1) 県下大学の教育事業について相互連携の促進が期待できると共に、兵庫県内の教育資源活用の相乗効果によって、県内に多くの受験生や学生を集めることができる。
 (2) 学生の教育活動を通じての交流促進によって、多様な学生との学習経験から、学修動機の強化や教育効果の向上を図ることができる。
 (3) 学生たちが学習活動に参加することに対し、単位認定の道を開くことで、国際交流、地域連携、社会連携等、コンソーシアムの他の事業に対する動機づけを強化する方向性が見出される。
また、各種の事業活動を通じての地域貢献の実現も図ることができるものと期待される。
2.高大連携事業
 (1)兵庫県立高等学校と設置したひょうご高校大学コンソーシアムを継続的に開催していくことにより、高大連携をめぐる多くの課題について意見交換を行うことができ、県下の高大連携についての推進がより期待される。
3.就職支援事業
 (1)企業とキャリアセンターとの交流について、キャリアセンターによる中小企業新卒採用への理解の深化・学生への周知、また中小企業による新卒採用への積極的な動きが期待される。
 (2)学生への就職活動支援事業については、低年次層のキャリア観、就職に対するモチベーション、兵庫県内中小企業への就職意欲の増加が期待できる。

(実施プログラム概要)
@ 単位互換事業(単位互換プログラム)
プログラム名 事業分類 学生交流 ・ その他
単位互換事業(単位互換プログラム)
目的 <活動目的・ねらい、など>
単位互換制度は、大学コンソーシアムひょうご神戸に加盟する大学の学生に、加盟大学の特色や教育資源を活かし、様々な分野の幅広い学習機会を提供し、加えて、学生が大学の枠を越えて他大学の学生と交流し、多様な価値観に触れ、学習動機を高める機会を設けることを目的としている。
内容 ・集中講義及び地域と関連するなど特色のある科目による単位互換制度の試行
 集中講義のみであると開放科目の増加が見込めないため範囲を拡大する。
・2017年度学生派遣プログラム
「大学コンソーシアムひょうご神戸」国際交流委員会と連携のもと、アメリカ合衆国等を中心としたフィールドワーク型プログラムを実施する。
・学生の送り出し大学拡大
引き続き、学生の送り出し大学を「単位互換事業に関する協定書」を締結している大学まで拡大する。
・単位互換協定締結大学、科目開放覚書締結大学及び開放科目の拡大
平成28年度の単位互換協定締結大学:35校(29大学、6短期大学・部)
科目提供覚書締結大学:23校(21大学、2短期大学・部)
「大学コンソーシアムひょうご神戸」加盟校41(33大学、7短期大学・部、1高等専門学校)のうち、協定・覚書を締結していない加盟校に対しても積極的に呼びかける。
運営体制 委員長校、副委員長校、教育連携委員校、単位互換「覚書」締結校、大学コンソーシアムひょうご神戸事務局
到達目標 <定量(参加大学・教職員数、など)・定性>
・平成29年度単位互換事業の履修者について、前年度(7大学 14人)比20%増とする。
・平成30年度に単位互換科目として提供する科目について、前年度(13大学32科目)比20%増とする。
期待される効果 <活動計画を実行した際に得られる効果、など>
・学生の教育活動を通じての交流促進によって、多様な学生との学習経験から、学修動機の強化や教育効果の向上を図ることができる。
・学生たちが学習活動に参加することに対し、単位認定の道を開くことで、国際交流、地域連携、社会連携等、コンソーシアムの他の事業に対する動機づけを強化する方向性が見出される。
また、各種の事業活動を通じての地域貢献の実現も図ることができるものと期待される。
改善提案と対策 ・単位互換協定締結大学、科目開放覚書締結大学及び開放科目を拡大するため、協定を締結していない加盟校に対しても積極的に呼びかける。
 平成28年度 単位互換協定締結大学:35校(29大学、6短期大学・部)
科目提供覚書締結大学:23校(21大学、2短期大学・部)
 ※「大学コンソーシアムひょうご神戸」加盟校41(33大学、7短期大学・部、1高等専門学校)
・集中講義に限定せず、地域と関連するなど特色のある科目について、精査して提供する。
・広報媒体のポスターやチラシを学生が作成することでより学生が履修してみたいと思えるような内容にする。
新しい試み等 学生のニーズを踏まえた科目設定とするなど、さらに工夫し、また、提供講座を高校生が受講できる仕組みについて検討していく。
A 高大連携事業(ひょうご高校大学コンソーシアム)
プログラム名 事業分類 高大連携
高大連携事業(ひょうご高校大学コンソーシアム)
目的 <活動目的・ねらい、など>
「ひょうご高校大学コンソーシアム」を継続的に開催していくことにより、高校と大学の接続をめぐる多くの課題について意見交換を行い、県下の高大連携の推進を目指す。
内容 「これからの時代に求められる人材を育成するための高大接続の在り方」をテーマに、加盟大学の高大連携担当者と県下の高等学校、県教育委員会で、率直な意見交換と相互理解を深める場を継続的に設ける。
運営体制 委員長校、副委員長校、教育連携委員校、兵庫県教育委員会、大学コンソーシアムひょうご神戸事務局
到達目標 <定量(参加大学・教職員数、など)・定性>
・平成29年度参加校について、前年度比10%増とする。
・高大連携・接続の具体的な課題のテーマに絞って、より発展的な意見交換を行い、 課題の解決を探る機会を設ける。
期待される効果 <活動計画を実行した際に得られる効果、など>
ひょうご高校大学コンソーシアムを継続的に開催し、発展的に運営していくことにより、大学単独ではできない高大連携をめぐる多くの課題について意見交換を行うことができ、県下の高大連携についての推進と課題の解決が期待される。
改善提案と対策 開催時期について、参加しやすいように、繁忙期をさけ、年内での実施など時期を見直す。
テーマを絞って、より深い議論を行い、成果を明確にしていく。
新しい試み等 ・事前に高校側にニーズ調査を行う。
・テーマを絞って講演会、研究会などを開催する。
・高校と大学が交流でき、意見交換がしやすい形式にする。
・複数日程で開催し、課題の解決を進める。
B 就職支援事業(大学キャリアセンターと連携した県内大学生の地元就職支援)
プログラム名 事業分類 地域交流・学生交流・情報交流・発信・その他
大学キャリアセンターと連携した県内大学生の地元就職促進プロジェクト
目的 <活動目的・ねらい、など>
兵庫県は多くの大学生を抱えながら若年人口減少傾向にあるが、これは大学生が就職時県外に流れていることに起因するものである。
県内には優良な中小企業が多数存在しているにも関わらず、学生にそれら企業情報や就職情報が伝わっていないのが問題である。学生への周知を徹底するべく、まずは企業と大学キャリアセンターのより緊密なネットワークを作り、企業情報を県内全大学のキャリアセンターで共有・活用することが必要である。
また学生に対してはセミナー受講やインターネット検索だけではつかみきれない主体的・実践的な就職活動に取り組む必要性を伝え、働くことの意義、楽しさ等を伝えることにより、就職先の検討の際に必ずしも企業規模のみが判断基準ではない、企業と自らのマッチングの重要性を理解せしめる。
内容

〈キャリアセンター対象〉
@合同企業説明会(1回開催)
 キャリアセンターを対象に県内企業への認知度向上を図るため中小企業が合同で企業説明会を開催。センターとの意見交換会(2回開催)大学が目指す人材育成像、企業が求める人材像等についてキャリアセンターと県内企業が意見交換を行う。
B県内の隠れた名企業魅力発見ツアー(5回開催) 
 キャリアセンター職員に県内企業を実際に訪問してもらいその企業の持つ魅力を発見してもらう。
〈学生対象〉
C企業経営者による体感講義(2回開催)
 第一線で活躍する中小企業経営者自らの口で自らの経験に裏打ちされた経営哲学や労働観について話してもらう。
D企業若手社員による学生への啓発(2回開催)
 過去3年継続している合同模擬グループディスカッション等、キャリアセンターと地元企業が協力して学生指導にあたれる仕組みを構築する。

運営体制 大学コンソーシアムひょうご神戸事務局   
協力:兵庫県中小企業家同友会 等
到達目標 <定量(参加大学・教職員数、など)・定性>
昨年度事業協力を頂いた兵庫県中小企業家同友会との関係づくりを継続するとともに、今年度は新たに他団体ともネットワークを築き、コンソ加盟大学キャリアセンターと有効な関係性を作り上げたい。
@合同企業説明会は同友会主催の会場を借りる形で60社/10校の参加を見込む。
A企業とキャリアセンターの意見交換会はのべ15社/10校を目指す。             
B企業ツアーは同友会企業を中心に2〜3社/日を企画する。キャリアセンターからは5〜10校程度の参加を見込む。
C企業経営者による体感講義は若手経営者に協力を仰ぎ、大学への出前授業を形態とし
40〜50人程度の学生参加を見込む。
D若手社員による学生啓発は60人程度の学生参加を考えている。
期待される効果 <活動計画を実行した際に得られる効果、など>
企業とキャリアセンターとの交流について、昨年度の実績を踏まえ、キャリアセンターによる中小企業新卒採用への理解の深化・学生への周知、また中小企業による新卒採用への積極的な動きが期待される。
学生への就職活動支援事業については、低年次層のキャリア観、就職に対するモチベーション、兵庫県内中小企業への就職意欲の増加が期待できる。
改善提案と対策 @企業・大学の実質的な協働(例:大学のキャリア教育と企業の新卒教育の連携)を意見交換会を中心に検討していく。
A各大学のキャリアプログラムに大学コンソーシアムひょうご神戸のプログラムを位置づけて頂けるよう協力を依頼する。
B学生向けイベントにおける学生集客手段としてSNS等のネットワークを活用する。

<< 戻る

このページの上へ↑