加盟校プロフィール

学校名 神戸常盤大学
所在地 〒653-0838 神戸市長田区大谷町2-6-2
連絡先 TEL:078-611-1821
FAX:078-643-4361
最寄駅 神戸高速鉄道・山陽電鉄「西代」駅下車 北へ徒歩約9分
JR西日本・市営地下鉄「新長田」駅下車 北へ徒歩約15分
(新幹線:新神戸駅下車→「市営地下鉄」乗換 新神戸駅〜新長田駅の間 約12分
学部 保健科学部
学部 医療検査学科 看護学科
教育方針

「青春は続く、明治から平成へー」
学校法人玉田学園は、校祖玉田貞也氏が明治41年、神戸中山手通の地に私立家政女学校を創設。神戸市内の私学においては、歴史の長さは五指の中に入ります。平成20年には創立100周年を迎え、短期大学での実績のある衛生技術科と県下初めての看護学科を4年制大学へ、また、短期大学では、県内唯一の歯科衛生士の高等教育機関である口腔保健学科を開設するとともに、県内屈指の幼児教育学科とともにこれからも、豊かな技術と知識と豊かな人間性をもった人材を育成していきます。

施設としては、新しく図書館を改築、最新の情報の集積する大学の泉です。日本で唯一、歯科衛生士育成のための実習が可能な口腔保健研究センターを開設。また平成21年度には、遺伝子、細胞検査を専門とするライフサイエンス研究センターを設立し、最先端の研究活動・情報発信拠点、地域に、社会に開かれた大学を目指します。

建学の精神
広く学術の基礎となる知識及び技術を授けるとともに、深く専門の学問及び技術を研究・教授して、知的、道徳的に優れた技術者を育成し、また成果を社会に還元することにより、国家及び地域社会の発展に寄与することである。

保健科学部
教育理念、教育目標
a) 心豊かな人間性、高い倫理観を身につける
b) トータルヒューマンケアの視点を身につける
c) 進展する技術の成果を理解し、駆使できる
d) チーム医療における専門職としての責務を自覚する
e) 地域社会や国際社会で保健医療の向上に貢献できる基礎能力を身につける

医療検査学科
教育理念
「豊かな人間性と高い倫理観を持ち、臨床検査に関する専門的な知識と技術を習得し、医療チームの一員として地域社会はもとより、国際社会においても貢献できる人材を育成する」
教育目標
(1)医療に携わるものとしての、豊かな人間性と高い倫理観を養う。
(2)臨床検査に関する専門的な知識・技術を修得し、医療の高度化に適応できる確かな基礎力と応用力を養う。
(3)科学的思考力と研究的態度を身につけ、臨床検査の開発・発展に貢献できる能力を養う。
(4)責任感と協調性を身につけ、チーム医療の一員として活躍できる能力を養う。
(5)時代や社会の要請に応じ、地域社会や国際社会で保健医療の向上に貢献できる能力を養う。

看護学科
教育理念
現代のヘルスケアニーズに応じ得る、資質の高い看護専門職業人を育成するために、看護に関する高度な専門知識・技術を教授研究し、“いのち”に対する豊かな感性と知性、幅広い人間性を培う。あわせて、知的・道徳的・応用的能力を発揮するための基礎的な能力を養うとともに、人間相互の関係性を大切に、人間愛を高め、あらゆる健康のレベルにある人々に対して、その人々が最良の状態で生活し、自己実現を図るための的確な看護判断と実践のための基礎的能力を修得する。これらを通して、看護の専門性を深め、地域・社会の福祉に貢献することを目指す。
教育目標
(1)人間と自然を愛し、“いのち”を尊重し、向き合うことができる豊かな人間性を育む。
(2)看護の対象の個別性・特性を尊重し、“ヒューマン・ケアリング”を行うことのできる能力を養う。
(3)広く世界に目を向け、保健・医療・福祉チームの一員として、関係分野の職種と協働・連携を図り、看護職の役割を果たすことができる能力を養う。
(4)社会の変化に対応し、常に自己啓発するとともに、創造的探究心を高め、看護の本質を追究し、展望する態度を養う。

特色 医療・福祉に特化した実学教育。
附属幼稚園、看護演習室、実験室など充実した実習施設。
教員との密接なコミュニケーションで確かな技術を修得できる少人数教育。
海を臨む、緑豊かなキャンパス。

<< 戻る

このページの上へ↑