活動報告

東日本大震災・阪神淡路大震災 復興支援
平成27年度夏休み学生ボランティア

ボランティアの趣旨

これまで東日本大震災の復興支援活動として、5回にわたる学生ボランティア活動により宮城県名取市の仮設住宅支援、保育所・児童センターや現地の学生と交流を行ってきました。平成27年度も引き続き震災復興支援に当たり、被災地の多様化されるニーズをミーティングと研修会を通し、兵庫県に通う学生が中心となり企画し、実行しました。

共催者

  • 神戸市社会福祉協議会
  • 大学コンソーシアム兵庫

協力

  • 学都仙台コンソーシアム大学間連携災害ボランティアネットワーク(東北学院大学)
  • 尚絅学院大学
  • 名取市社会福祉協議会

実施日

平成27年8月27日(金)〜9月1日(火)4泊5日

参加人数

  • 学生 33人(現地訪問32人)
  • スタッフ 8人

訪問先

1日目

  • 閖上の記憶
  • 名取市役所
  • 尚絅学院大学

2日目

  • 愛島東部仮設住宅
  • 植松入生仮設住宅

3日目

  • 名取が丘保育所・児童センター
  • 増田保育所・児童センター

活動内容

1日目

閖上の記憶、名取市役所への訪問
尚絅学院大学・兵庫大学生の学生交流

2日目

仮設住宅での清掃活動・交流会企画(お茶会、モノづくり等)

3日目

保育所・児童センターでの交流企画(体操、縁日等)

資料ダウンロード

<< 戻る

このページの上へ↑