活動報告

「合同模擬グループディスカッション」を開催しました。

概要

日時

平成27年11月21日(土)13:00〜18:20

会場

兵庫国際交流会館 3階 多目的ホール

プログラム

【プログラムI】 「ジョブスタディ・コラボ・かんさい」  13:00〜15:10     

(近畿経済産業局・Job Study主催、大学コンソーシアムひょうご神戸共催)
登壇者4名による自己紹介・パネルディスカッション・車座懇談会
登壇者:コクヨ株式会社 人財開発部 人財採用グループ リーダー 瀧本和幸氏
     株式会社神戸製鋼所 人事労務部 人事グループ 安田まさ子氏
     株式会社レック 代表取締役社長 高橋泉氏
     日本テクノロジーソリューション株式会社 代表取締役社長 岡田耕治氏

【プログラムII】 「合同模擬グループディスカッション」15:10〜18:20

(大学コンソーシアムひょうご神戸主催)
・グループディスカッション 
@「グループディスカッションで採用担当は何を見たいか?」        
A「真の顧客満足(CS)とは?(具体例を通じて)経営理念も含めて考えよう!」
・グループワーク「(地元)神戸での就職を、希望する×希望しない」

ファシリテーター:神戸国際大学 キャリアセンターチーフ 犬飼 精一氏
面接官:芦屋大学、関西学院大学、関西国際大学、神戸大学、神戸学院大学、神戸松蔭女子学院大学
     神戸親和女子大学、兵庫県立大学 (8大学のキャリアセンター職員)
協力企業:日本テクノロジーソリューション株式会社 代表取締役社長 岡田耕治氏
       日本テクノロジーソリューション株式会社 コミュニティサポート統括部 吉田生美氏
       株式会社レック 総務部 次長 金岡由佳氏
       株式会社レック 総務部 課長 与田砂登美氏

参加者

参加大学
(参加者数)
14大学より62名
関西国際大学(2)、関西学院大学・大学院(11)、神戸大学・大学院(2)、
神戸学院大学(14)、神戸国際大学(7)、神戸松蔭女子学院大学(6)、
神戸女学院大学(9)、神戸女子大学(2)、兵庫県立大学・大学院(2)、
神戸親和女子大学(1)、芦屋大学(3)、神戸常盤大学(1)、
神戸山手大学(1)、兵庫教育大学(1)
*留学生(13)、日本人学生(47)
その他の参加者
加盟校教職員(9校・9名)、協力企業(2社・4名)
神戸市企画調整局(3)、事務局(5)、学生(3)

合同模擬グループディスカッションの様子


【プログラムI】 「ジョブスタディ・コラボ・かんさい」 

パネルディスカッション          車座懇談会

【プログラムII】 「合同模擬グループディスカッション」

集合写真

学生5人〜6人グループを11グループ作り、各班に面接官として加盟校キャリアセンター職員と企業の採用担当者に入ってもらいました。

  1. グループディスカッション
  2. 全体発表
  3. 企業経営者講評
  4. 振り返り(学生同士フィードバック後、面接官よりフィードバックを行いました)

参加学生の感想

  • 今まで社会人の方のお話を直接伺える機会がなかったので、自分にとって初めての経験でした。色々な話を聞いて、就職活動に対する意識が「嫌だ」「不安だ」から「やれることをやってみよう」「挑戦してみよう」に変わりました。株式会社レック社長の高橋さんの「やるかやらないかならやるべきだ」という言葉に勇気を頂きました。
  • 自分の実力がチームになかなか通用しなかった。特にグループ2つ目の課題がなかなか飲み込めなくて、発言や役割をほとんど全うできなかったので、フィードバックを踏まえて今後のグループディスカッションや大学の生活に活かしていきたいと思いました。
  • 初めて他の大学の方とグループディスカッションをして、非常に面白かったです。異なる大学、性別、国籍を背景にする方と話すと、新しい考え方、価値観と出会えて楽しかったです。

グループディスカッションを支援頂いた大学職員の感想

  • 2人の社長パネリストと熱意ある若手社員の意見を聴けたことは、聴講した学生にとって、また私にとっても有意義と感じました。
  • 解のない設問で与えられた時間内で意見をまとめることの困難さ、設問の状況を想像し仮説を立て課題を述べる経験は有意義であったと感じております。
  • 比較的意識の高い学生が多く、更にモチベーションを高める良い機会になったのではないかと思います。

<< 戻る

このページの上へ↑