活動報告

シンポジウム 「大学と自治体の連携をどう進めるか
               −とくに子育て支援をめぐって−」 開催

2007(平成19)年7月13日(金)

7月13日(金)に「大学と自治体の連携をどう進めるか−とくに子育て支援をめぐって−」をテーマにシンポジウム(大学コンソーシアムひょうご神戸 地域交流委員会主催)が、神戸親和女子大学三宮サテライトキャンパス(ミント神戸17階)において開催されました。各機関で幼児教育に関わる方、保育士の方、学生など約130名が参加されました。

山根耕平氏(本学学長)がコーディネーターを務め、パネリストに矢田立郎氏(神戸市長)・清原桂子氏(兵庫県理事兼少子対策本部事務局長)・野上智行氏(神戸大学長)をお迎えし、大学の知的財産をどう自治体の施策に反映し、地域貢献に生かすかなど意見が交わされました。

野上学長から各大学が取り組んでいる「子育て支援」が紹介され、その多様さに会場からは驚きの声が上がっていました。

 

→神戸親和女子大学ホームページ

<< 戻る

このページの上へ↑