活動報告

大学コンソーシアムひょうご神戸設立5周年記念式典・
シンポジウム「震災と復興〜いま!ひょうご神戸からの発信〜」
を開催しました

各パネリストプロフィール及び資料



コーディネーター

田中 泰雄(たなか やすお)氏

神戸大学都市安全研究センター長

【主な略歴】
  • 神戸大学工学部土木工学科卒業
  • M.Sc :マニトバ大学大学院修士課程 (カナダ)
  • Ph.D. :シェフィールド大学大学院博士課程 (英国)
  • 土木系コンサルタンツ (カナダ)
  • 神戸大学工学部助手
  • 神戸大学工学部講師
  • 神戸大学工学部助教授
  • 神戸大学都市安全研究センター教授
【主な著書・論文】
  • 災害と共に生きる文化と教育、昭和堂、2008(共同執筆)
  • 『海底地盤』 地盤工学会関西支部、1995(共同執筆).
  • 『兵庫県南部地震と地形災害』 古今書院,1996 (分担執筆).
  • The 1995 Great Hanshin Earthquake and Liquefaction Damages at Reclaimed Lands in Kobe Port. International Journal of Off-shore and Polar Eng. 10.1: 64-72, 2000.
  • Weathered Granite in Japan Characterisation and Eng. Properties of Natural Soils 3: 2539-56, 2006.
【その他の活動】
  • 地盤工学会関西支部長(2009年度)
  • 神戸市高速鉄道建設技術委員会委員
  • 日本下水道事業団甲子園浜浄化センター地盤改良検討部会委員
  • 兵庫県道路施工技術検討監理委員会委員

このページの上へ↑

パネリスト

井戸 敏三(いど としぞう)氏

兵庫県知事

【略歴】
1945年 兵庫県たつの市新宮町生まれ
1968年 東京大学法学部卒業
自治省採用
取県、佐賀県、宮城県、静岡県、国土庁土地局、自治省税務局を経て、運輸省航空局、自治省行政局、財政局、大臣官房各課長を歴任
1995年 自治大臣官房審議官
1996年 兵庫県副知事
2000年 同(再任)
2001年 兵庫県知事(第48代)
2005年 同(第49代)
2009年 同(第50代)
2010年 関西広域連合長(初代)

→資料はこちら(PDF:873KB)

このページの上へ↑

河田 惠昭(かわた よしあき)氏

関西大学理事・社会安全学部長・教授 工学博士
阪神・淡路大震災記念 人と防災未来センター長

【略歴】
1974年 京都大学大学院工学研究科博士課程修了・工学博士
1976年 京都大学防災研究所助教授を経て、93年教授、96年巨大災害研究センター長
2002年 阪神・淡路大震災記念 人と防災未来センター長
2005年 防災研究所長
2007年 巨大災害研究センター長
2010年 より現職
京都大学名誉教授
21世紀COE拠点形成プログラム「災害学理の解明と防災学の構築」拠点リーダ
大都市大震災軽減化プログラム(文部科学省)研究代表者
日本自然災害学会元会長
日本災害情報学会会長
政府関係では東日本大震災復興構想会議委員および中央防災会議「東北地方太平洋沖地震を教訓とした地震・津波対策に関する専門調査会」座長

【受賞・表彰】
2007年 国連SASAKAWA防災賞(本邦初受賞)
2009年 防災功労者内閣総理大臣表彰
2010年 兵庫県社会賞受賞
2011年 和歌山県知事表彰(防災)

【著書】
  • 『これからの防災・減災がわかる本』(岩波ジュニア新書)
  • 『スーパー都市災害から生き残る』(新潮社)
  • 『12歳からの被災害学−阪神・淡路大震災に学ぶ78の知恵』(共著)(NHK出版)
  • 『津波災害』(岩波新書)、ほか

→資料はこちら(PDF:2.26MB)

このページの上へ↑

村松 淳司 (むらまつ あつし)氏

国立大学法人・東北大学多元物質科学研究所教授
財団法人・みやぎ・環境とくらし・ネットワーク理事

【主な経歴】
1959年3月12日
愛知県豊川市生れ
1983年3月
東京大学工学部合成化学科卒業
1988年3月
東京大学大学院工学系研究科博士課程修了
1988年4月
東北大学選鉱製錬研究所助手
1993年8月
東北大学素材工学研究所講師
1995年2月
東北大学素材工学研究所助教授
2001年4月
東北大学多元物質科学研究所教授
(2女2男の父、妻1名、3月11日が結婚記念日)

【主な著作・論文】
  • 「情報があるぞう 考えたぞう」震災がつなぐ全国ネットワーク著.分担執筆, 2002年.
  • 液相還元法によるNi金属,Ni-Zn合金超微粒子の合成.[資源・素材学会誌,106(13),(1990)]
  • 単分散微粒子の液相合成と精密形態制御 [粉体技術1(1) 28-38 2009年]
  • ITO ナノインクによる直接塗布製膜技術[月刊ディスプレイ 2010年6月号]
    など、総説・特許を含めて、全100編以上.
【学会活動】

日本学術会議・連携会員(第3部)、日本化学連合理事、触媒学会理事、石油学会理事

【ボランティア活動】
  • グランディ・21ボランティア(宮城県設置、完全民営施設型スポーツボランティア)委員会キャプテン
  • スポーツボランティアSV2004(本拠地仙台市.楽天イーグルス、仙台89ERSボランティア運営連携)副理事(副代表)
  • 仙台プロスポーツネット(仙台市設置.ベガルタ仙台、楽天イーグルス、仙台89ERS)幹事
  • 災害情報ボランティア有珠山ネット会員
  • 東北大学地域復興プロジェクト「HARU」顧問
  • 「ボランティアインフォ」顧問
  • その他、有珠山、三宅島災害、仙台北部地震などで災害情報ボランティア.東日本大震災でも災害情報ボランティアとして被災地と支援側の連絡調整、情報提供手法確立など.

→資料はこちら(PDF:9.46MB)

→追加資料はこちら(PDF:121KB)

このページの上へ↑

室ア 益輝(むろさき よしてる) 氏

関西学院大学総合政策学部教授
ひょうごボランタリープラザ所長

【主な経歴】
  • 京都大学工学部建築学科卒業
  • 京都大学工学部助手
  • 神戸大学工学部教授
  • 神戸大学都市安全研究センター教授
  • 独立行政法人消防研究所理事長
  • 総務省消防庁消防大学校消防研究センター所長
  • 関西学院大学災害復興制度研究所所長
【主な著書・論文】
  • Study on Essential Requirement for NGOs to support victims in Earthquake Disaster(第13回世界地震工学会議,2004)
  • 支援者からみた災害復興公営住宅におけるコミュニティの現状と課題(第12回都市住宅学会研究発表論文集,2004)
  • 災害公営住宅団地が有する居住コミュニティ特性に関する研究(地域安全学会論文集6号,2004)
  • 平常時火災における消火栓の放水能力に関する研究(日本火災学会論文集55巻2号,2005)
  • 阪神・淡路大震災以降の商業復興と大規模小売店舗の進出状況に関する研究(都市計画論文集40-3号,2005)
  • 水害による地場産業の復旧・復興施策についての基礎的考察(地域安全学会論文集16号,2005)
  • 阪神・淡路大震災からみた住宅再建のあり方(都市住宅学会都市住宅53号,2006)
【その他の活動】
  • 内閣府中央防災会議専門委員会委員
  • 総務省消防審議会委員
  • ひょうご震災記念21世紀研究機構参与
  • 大阪市阿倍野防災センター名誉館長
  • 海外災害援助市民センター副代表
  • 日本災害復興学会会長

→資料はこちら(PDF:900KB)

<< 戻る

このページの上へ↑