活動報告

大学コンソーシアムひょうご神戸設立5周年記念式典・
シンポジウム「震災と復興〜いま!ひょうご神戸からの発信〜」
を開催しました

「大学コンソーシアムひょうご神戸」設立5周年シンポジウム
テーマ:「震災と復興〜いま!ひょうご神戸からの発信」

記念シンポジウムでは、パネリストとして著名な4名の方の参加を得て、東日本大震災に対し、阪神・淡路大震災を経験した関西から、どのような支援が可能で必要であるかが議論された。
井戸敏三兵庫県知事は、阪神・淡路大震災からの復興では、「まちのにぎわい」を取り戻すための柔軟な復興基金の運営が重要であったことや、東日本大震災の緊急支援・復旧に果した関西広域連合の役割、今回の震災の特徴は「複合災害」であり災害弱者に配慮した地域コミュニティーの維持が重要であることを指摘した。
関西大学の河田恵昭氏は、復興計画の策定が非常に重要であるが町づくりの専門家が不足している現状の問題、津波防災を考えた地域づくりには先行投資が必要である点、復興構想委員会が今後は事業推進委員会に変更されて復興事業がこれから始まる状況を報告した。
東北大学の村松淳司氏は、宮城県での多数の津波死者について、高齢者の避難問題や、海が見えない地域での突然の津波襲来の課題、効率的な災害ボランティア運営のための情報提供の重要性などを挙げ、今後も東北の被災地を訪れて息の長いボランティア支援を要請した。
関西学院大学の室崎益輝氏は、神戸からの支援の考え方を取り上げ、普遍性を持つ教訓を伝える、成功例と失敗例も伝える、東日本大震災と阪神・淡路大震災での地震の特質、地域の特性を考えた支援について述べ、特に新しい社会や暮らし方の創造のための知恵を集める重要性を指摘した。

パネリスト4名の発表の後、フロアからの質問も交え、様々な意見が述べられた。
井戸知事は、地域ごとに抱えている問題が違うため、それぞれの街づくり計画を進めるためには専門家を数多く派遣し、早くに構想を作り上げて民間の人々が動けるようにする必要があるとし、また復興意欲を盛り立てるために芸術・文化活動は重要であり、人員を現地へ送り込んで街づくりと一緒に行っていくべきだと提言した。
河田氏は、災害のみならず、不祥事や事故など安心・安全を脅かす事柄について、プロフェッショナルとしてどう対応していくかの教育が日本には欠けているとし、いろいろな形態や立場での貢献が可能な体制を整え、社会を変えていくような教育が大切であると論じた。また、先進国の責務として、被災地・国内のみに目を向けるのではなく、有用な情報を世界に向けて発信していかねばならないとし、それには大学が大きな役割を担うと述べた。
村松氏は、災害は継続的で、終焉したわけではなく、支援活動は今も必要だが、東北の人は、とにかく遠慮・我慢をしすぎる傾向があるので、粘り強く何が必要かを問い続けて欲しいということと、ボランティア・観光に関わらず現地に足を運んで現状を知り、現地の人と触れ合い、関心を持ち続けて欲しいと訴えた。また、自治会が成立している仮設住宅が5割に満たないので、阪神・淡路大震災での仮設住宅運営の経験をもとに、どうすべきか教えて欲しいと要請した。
室ア氏も、被災地の文化を理解するのは難しいとし、事前研修と事後研修は欠かせないと述べた。現地に出向く前にどういう課題があり、何に困っているかという地域のニーズを把握して、「こういうことをしましょうか?」と提案すると被災者は答えやすいと説明した。また、ボランティアに行くことは、学生にとって非常に良い学びとなり、それは学生・大学はもとより、日本の社会にとっても意義深いことなので、より多くの学生に現地に出向いてもらい、大学としてしっかりサポートしていきたいと述べた。
コーディネーターの神戸大学・田中氏は、現地に赴いた学生からのレポートなどのフィードバックが次のボランティアにつながると付言した。

限られた時間の中で、各パネリスト、コーディネーターより、多くの貴重な提言があり、シンポジウムは盛大な拍手の内に閉幕した。

<< 戻る

このページの上へ↑