活動報告

平成27年度事業報告(研修交流委員会)

事業報告の概要

研修交流委員会  

委員長校 :神戸大学

副委員長校:神戸女子大学

委員校:芦屋大学、芦屋学園短期大学、関西国際大学、関西学院大学、聖和短期大学、
甲南大学、神戸学院大学、神戸市外国語大学、神戸市看護大学、
神戸松蔭女子学院大学、神戸親和女子大学、神戸常磐大学、
神戸常磐大学短期大学部、神戸薬科大学、神戸山手大学、神戸山手短期大学、
姫路獨協大学、兵庫大学、兵庫大学短期大学部、兵庫医科大学、兵庫医療大学、
兵庫教育大学、兵庫県立大学
計25校

目的

大学単独では提供しにくい多様な課題について、教職員の資質を向上させることを目的とした研修の機会を継続的かつ多元的に提供する。県下の大学等高等教育機関、民間企業関係者に研修交流機会を提供することにより、相互の立場で具体的な施策に結びつく議論が行われる、闊達な意見交換の場を創出する。

内容

平成27年1月から運用を開始した「加盟校が実施するFD・SDセミナーの公開の仕組み」により、公開が可能であるFD・SDセミナー及び情報交換等に活用が可能であるFD・SDセミナーの情報を収集・提供した。
また、個別大学では十分な取組が難しい事務職員対象の研修会を実施し、コンソ加盟校職員の資質向上を図るとともに、職員間の交流を促進する場を提供した。

期待される効果

平成27年度は、下記@〜Aの2つのプログラムを展開した。@の「加盟校が実施するFD・SDセミナーの公開」については、6件の公開を行い、目標(5件)を達成したものの「情報交換等に活用が可能であるFDSDセミナー」については、提供件数0件(目標10件)と、目標を達成できなかった。公開したセミナー6件については、参加人数合計は323名で、うち39名(12%)が開催校以外のコンソ加盟校からの参加であり、加盟校教職員の交流促進及び資質向上に対して一定の効果があったものと考える。
Aの「SDプログラム(事務職員対象の研修会)の実施」は、第1回については参加者数が目標値を達しなかったが、第2回については、参加者数162名と、目標(100名)を達成した。また、第1回・第2回ともに参加者アンケートによる満足度は非常に高く、加盟校教職員への資質向上に対して効果があったものと考える。

(実施プログラム概要)
@ 加盟校が実施するFD・SDセミナーの公開
プログラム名 事業分類 国際交流・社会連携・地域交流・高大連携・学生交流・情報交流・発信・その他
加盟校が実施するFD・SDセミナーの公開
目的 <活動目的・ねらい、など>
コンソ加盟校教職員に多様な研修の機会を提供するとともに、FD・SDセミナー担当者間の交流を促進する。
内容

【実施内容】
平成27年1月から運用を開始した「加盟校が実施するFD・SDセミナーの公開の仕組み」により、公開が可能であるFD・SDセミナー及び情報交換等に活用が可能であるFD・SDセミナーの情報を収集・提供した。

【具体的な進め方】
本仕組みを活発に運用していくために、3か月に1回程度、加盟校へ協力依頼を行うとともに、コンソ総会等において、適宜、本事業について理解と協力を求めた。

実施概要

【実施概要】
6校のFD・SDセミナーの公開に係る情報提供を受け、加盟校及びHPへ公開を行った。また、うち5校について実施経費支援(各校3万円)を行った。

【参加者数】  6大学
(情報の公開) 6大学
(情報の提供) 0大学

(内訳)
■神戸薬科大学(7月30日・31日開催)    
募集人数40名  参加人数41名
(学内 31名・コンソ加盟校 7名(4校)・他大学3名(3校))

■関西学院大学(9月10日・11日開催
募集人数 30名  参加人数  24名
(学内11名・コンソ加盟校8名(9校)・他大学5名(5校))
■神戸大学(9月7日開催
募集人数100名  参加人数36名
(学内32名・コンソ加盟校0名(0校))

■神戸親和女子大学(8月21日開催)     
募集人数150名  参加人数 188名
(学内118名・コンソ加盟校20名(11校) ・他大学9名(4校)・関係機関(その他)41名(34機関))

■関西学院大学(11月25日開催)
募集人数15名  参加人数20名
(学内14名・コンソ加盟校2名(2校) ・他大学4名(4校)) 

■神戸薬科大学(2月22日開催)
募集人数30名  参加人数14名
(学内12名・コンソ加盟校2名(1校))

運営体制 研修交流委員会(担当:委員長校 神戸大学)
成果

「公開が可能であるFD・SDセミナー」については、到達目標である公開件数5件に対して、6件の公開を行い、目標を達成した。
なお、6件の参加人数合計は323名で、うち39名(12%)が開催校以外のコンソ加盟校からの参加であった。
また、「情報交換等に活用が可能であるFD・SDセミナー」について、到達目標である提供件数10件に対して、0件であり、上記の「公開が可能であるFD・SDセミナー」の6件を含めても目標には届かなかった。

上記のとおり、コンソ加盟校教職員への情報提供は、あまり成果をあげることはできなかったが、目的とする「コンソ加盟校教職員に多様な研修の機会を提供するとともに、FD・SDセミナー担当者間の交流を促進する。」については、一定の成果をあげられたものと考える。

改善提案と対策 「公開が可能であるFD・SDセミナー」については、公開件数目標を達成しているが、公開したセミナーの参加人数のうち、コンソ加盟校からの参加者数は39名(12%)と、参加率が低いため、今後は、加盟校からの参加者数を一層増やすよう、加盟校へ参加を促す周知を行うものとする。「情報交換等に活用が可能であるFD・SDセミナー」の情報提供については、情報提供件数が0件と、公開可能な件数(6件)を含めても目標件数(10件)を大幅に下回っている。現状、加盟校内において、情報提供が可能なプログラムがほとんど無い可能性があるため、今後は、引き続き情報提供の依頼を3ヶ月毎に行うものとするが、情報提供が可能なプログラムを有するかどうかのアンケート調査を行い、継続の是非を検討するものとしたい。
A-1 SDプログラム(事務職員対象の研修会)の実施
プログラム名 事業分類 国際交流・社会連携・地域交流・高大連携・学生交流・情報交流・発信・その他
SDプログラム(事務職員対象の研修会)の実施
目的 <活動目的・ねらい、など>
コンソ加盟校職員に多様な研修の機会を提供するとともに、コンソ加盟校職員間の交流を促進する。
内容

第1回SDプログラム「学生支援について」 (担当校:神戸大学)
【研修のテーマ】新入生オリエンテーション・初年次セミナーなどを含む学生サービス
【日時】平成27年9月3日 13:30〜17:15
【場所】神戸大学瀧川記念学術交流会館
【プログラム】 定員最大60名
(1)講演 (講演者:立命館大学教育開発推進機構教学部教育開発支援課 吉岡 路 課長補佐)
(2)分科会 @新入生オリエンテーション A初年次セミナー B学生サービス(全般)
※テーマごとに2班までとし、各班7〜10名(最大)。 
事前に参加者から自大学における課題又は取り組み事例を提出願った。
テーマごとにあらかじめ助言者を指名した。
(3)分科会各班発表
(4)全体発表

第2回SDプログラム「障がい学生支援の実践と課題」(担当校:神戸女子大学)
【研修のテーマ】『障がい学生支援の実践と課題』〜京都産業大学の事例より〜
【日時】平成28年2月18日(木)13時〜14時30分
【場所】神戸女子大学 須磨キャンパス M館3階317講義室
【プログラム】 定員最大100名  
(1)講演 (講演者:京都産業大学 ボランティアセンター(障がい学生支援関係)
事務職員 井上 友裕 氏

※両プログラムとも終了後に情報交換会を開催した。

実施概要

大学コンソーシアムひょうご神戸研修交流委員会第1回SDプログラム
「正課と正課外を繋ぐ学生支援の可能性」 (担当校:神戸大学)

【日時】平成27年9月3日(木)13時30分〜19時
基調講演   13時30分〜14時30分
 「正課と正課外を繋ぐ学生支援の可能性」
(立命館大学研究部BKCリサーチオフィス 吉岡路氏) 

分科会@ 15時10分〜17時15分 「新入生オリエンテーション」
(関西国際大学 学生センター長 有本純氏)

分科会A 15時10分〜17時15分 「初年次セミナー」
(関西学院大学 法学部主事 西台耕平氏)

分科会B 15時10分〜17時15分 「学生サービス(全般)」
(神戸松蔭女子学院大学人間科学部生活科学都市生活専攻
専任講師 長谷川誠氏)

情報交換会 17時30分〜19時00分 

【場所】神戸大学瀧川記念学術交流会館  兵庫県神戸市灘区六甲台町2−1

【主催】神戸大学企画部社会連携課 

【参加者数】 神戸 大学(ほか10大学1機関) 38 人

(内訳)
【基調講演】神戸大学 17人
 他大学 20人  コンソ事務局1人
 計11大学1機関38人
(別途:運営スタッフ 神戸大学含む4校より、教員2人・職員6人)
【分科会@】神戸大学  1人  他大学  6人
【分科会A】神戸大学  1人  他大学  6人
【分科会B】神戸大学  1人  他大学  7人
 計10大学 22人  
 (別途:運営スタッフ 神戸大学含む4校より、教員2人・職員6人)
【情報交換会】神戸大学0人  他大学8人
 計4大学8人  
 (別途:運営スタッフ 神戸大学含む4校より、教員2人・職員6人)      

大学コンソーシアムひょうご神戸研修交流委員会第2回SDプログラム⇒2枚目に記載 

運営体制 第1回SDプログラム:研修交流委員会(担当:神戸大学)
第2回SDプログラム:研修交流委員会(担当:神戸女子大学)
成果 第1回SDプログラムについては、定員60名のところ38名の参加(約6割)と、定量的な到達目標(8割)を達成することはできなかったものの、コンソ加盟校参加校数は、基調講演が11校、分科会は10校、情報交換会は4校と、コンソ加盟校職員の交流促進及び資質向上に対して一定の効果があったと考えられる。
また、アンケート結果では、「良かった」「とても良かった」の率が、基調講演が89%、分科会が95%と、参加者からの満足度も非常に高く、定性的な到達目標は達成した。
第2回SDプログラムは、FD・SDプログラムとして、教職員を対象に実施した結果、参加人数は161名と定員を大きく上回り、定量的な目標を達成した。(9大学1機関)
また、情報交換会は8大学1機関22名の参加があり、コンソ加盟校教職員の交流促進に対して一定の効果があったと考えられる。
アンケート結果からは、「とても満足」「満足」の率が93.2%と非常に高く、定性的な到達目標も達成した。
改善提案と対策 第1回SDプログラムについては、参加者数が目標値に達していなかったが、第2回SDプログラムについてはFD・SDプログラムと拡大したことにより、担当校教員が多数参加し、目標値を大幅に上回った。今後については、プログラムの対象をコンソ加盟校職員に限らず、教員も含め、広く対象としたプログラムの内容を検討することとしたい。
A-2 SDプログラム(事務職員対象の研修会)の実施
プログラム名 事業分類 国際交流・社会連携・地域交流・高大連携・学生交流・情報交流・発信・その他
SDプログラム(事務職員対象の研修会)の実施
実施概要

◆大学コンソーシアムひょうご神戸研修交流委員会第2回SDプログラム
「障がい学生支援の実践と課題」(担当校:神戸女子大学)
【日時】平成28年2月18日(木)13時〜14時30分
講演会     13時30分〜14時30分 『障がい学生支援の実践と課題』〜京都産業大学の事例より〜
京都産業大学 ボランティアセンター(障がい学生支援関係)
事務職員 井上 友裕 氏

情報交換会 17時〜18時30分 

【場所】神戸女子大学 須磨キャンパス M館3階317講義室  神戸市須磨区東須磨青山2-1

【主催】神戸女子大学 IR・大学教育推進事務室内 

   【参加者数】 神戸女子大学(ほか8大学1機関) 161 人
(内訳)
【講演会】神戸女子大学 142人  他大学 18人 コンソ事務局 1人
計9大学1機関 161人
【情報交換会】神戸女子大学 6人 他大学 15人 コンソ事務局  1人
計8大学1期間 20人(別途:運営スタッフ 講師1人・職員1人)

<< 戻る

このページの上へ↑