活動報告

その他

■ 第1回 学生音楽祭〜カンタービレ〜

9月29日(土)午後1時から甲南大学甲友会館で学生音楽祭が開催されました。 この音楽祭は、加盟大学の学生委員が手作りで企画し、運営・実施して実現しました。一時は「はしか」で中止になり、再チャレンジしての開催になりました。 当日、雨模様になるのかなと、心配でしたが、曇り空のままで、150名の来場者がありました。

プログラムを紹介しますと・・・、

学生代表の佐々木麻梨菜さん(神戸松蔭女子学院大学)から、来場者に「学生交流委員会の学生委員が本日の音楽祭を担当し、学生交流をはかってまいります。・・・この企画を通して加盟校の学生スタッフ、音楽祭出演者の心をひとつに取り組んでまいりました。・・・この午後のひととき、ご来場いただきました皆様と私達学生の有意義な交流となりますよう頑張ってまいります。・・・「カンタービレ」とは、音楽用語で「うたうように楽器等を演奏すること」を意味しています。皆様ともうたうように、繋がりの輪が広がれば嬉しく、次回の企画への力となっていくことと思います。ご期待ください。」と力強く開会表明の挨拶のあと、演奏が始まりました。

第I部

軽音楽部NSG(甲南大学) Doctor Doctor 他5曲
ダランコ(姫路獨協大学)消えない羽根(オリジナル)他2曲
大手前大学管弦楽団・吹奏楽部 シンコペーテッド・クロック他3曲
体育会和太鼓部(流通科学大学)  海洋(オリジナル)他1曲

第II部

合唱(神戸海星女子学院大学 甲南女子大学) AWhole New World 他2曲
ダランコ 桜

参加グループは、加盟6大学の学生で、ハードロック、和太鼓あり、管弦楽、吹奏楽あり、コーラス、デュオありの多様なジャンルの演奏と歌となり、午後4時過ぎに無事閉会しました。出演者と学生委員は音楽祭の課題や今後の運営について午後6時頃まで懇談しました。

 

来場者からのアンケート

来場者からのアンケート(38枚)で、課題とともに沢山の激励をいただきました(一部披露)。

  • 第2回もぜひ期待していますね。宣伝により力を入れていくとさらに良いと思います。プラス準備にも気をつかわれるとよいかと思います。さまざまな音楽ジャンルに触れられて、貴重な体験となりました。
  • NSGさん→ヘヴィメタル聴くのは初めてでしたが、意外と良かった。Doctor Doctor 好きです。
  • ダランコさん→オリジナル曲きれいかったです。デビュー頑張ってください。
  • 大手前大学管弦楽団・吹奏楽部さん→シンコペーテッド・クロックいい曲ですね。CDを探してみようと思います。
  • 体育会和太鼓部さん→音の振動が観客席に伝わってきて、全身で曲を楽しむことができました。
  • 合同合唱さん→やさしい気持ちになれました。
  • もっと大学同士合同で1つの団体として演奏をして欲しかった。
  • 個人的に抱いていた音楽祭のイメージとかけはなれていた。

第1回学生音楽祭のアンケートの質問項目は、(1)来場者の性別、年齢層、(2)音楽祭を知った情報媒体(複数回答可)、(3)印象(5段階評価)についてで、集計結果は次のとおりです。

アンケート回答者の性別は、男性17名、女性18名(性別の記載のない方が有りました)で、年齢構成は、10歳未満 1名、10歳〜29歳 24名、30歳〜49歳 5名、50歳〜69歳 4名、70歳以上 4名でした。音楽祭を知ったのは、ポスター6名、広告チラシ7名、インターネット2名、知人14名、学校14名、その他5名という結果になりました。また、今回の音楽祭の印象や評価などの質問には、かなりあてはまる(A)、ややなりあてはまる(B)、どちらともいえない(C)、あまりあてはまらない(D)、ほとんどあてはまらない(E)の5段階で記入してもらい、次のようになりました。

質問項目 A B C D E
音楽祭は楽しかったか   21 12 2 3  
次回の音楽祭にまた来てもらえるか 22 8 6 1 1
)照明や音響はよかったか   14 10 10 4  
 

以上

 

<< 戻る

このページの上へ↑