活動報告

定例総会

■第3回 定例総会 開催

平成20年4月23日(水曜日)午後1時00分、兵庫県神戸市中央区雲井通7-1-1、ミント神戸17階において、第3回定例総会を開催した。

議決権を有する会員数:34名
出席者(委任状による出席者を含む):34名

以上のとおり会員の出席があったので、事務局長田中博人は、定例総会は適法に成立したので、開会する旨を宣し、本総会の議長は、理事山根耕平が務める旨、議場にはかり承諾を得、直ちに議事にはいった。

報告事項

  1. 第2期(平成19年4月1日から平成20年3月31日まで)
    貸借対照表および損益計算書の件について

    監事大塚健洋が、監査報告書に記載されております議案および書類につきましては、  法令、規程に反する事項および不当な事項は認められないと報告、理事濱名篤が詳細に説明した。
  2. 平成19年度予算・実績報告の件について
    理事濱名篤が詳細に説明した。
  3. 兵庫県への提案について
    理事濱名篤が詳細に説明した。
  4. 平成21年度以降の年会費改訂について
    理事濱名篤が詳細に説明した。
  5. 「G8環境大臣会合」に係る事業について
    理事濱名篤が詳細に説明した。
  6. 地域科学技術理解増進事業「地域ネットワーク支援」申請について
    理事濱名篤が詳細に説明した。
  7. 日本私立学校振興・共済事業団「地域教育コンソーシアム形成支援」
    の受領手続きについて

    理事濱名篤が詳細に説明した。

質疑応答

報告事項5.「戦略的大学連携支援事業」の申請について、「教育研究高度化型」で行うのは最終決定なのか?

【理事濱名篤が回答】 
当初は「総合的連携型」【広域型】の申請を考えていたが、4月7日の文科省との個別説明会において助言を頂き、理事会で最終決定されました。申請書はコンソーシアムではなく、神戸大学が作成するので、5月下旬までに各大学において検討頂き、参加されない大学は事務局に報告して頂くことになる。

各大学が参画するかどうかの判断材料として、もっと明確な内容を盛り込んだ情報は頂けないのか?

【理事濱名篤が回答】
プロジェクトチームで検討中ですが、出来るだけ早い時期に事務局から提出します。学生の参加費用の負担を出来るだけ軽減できる内容を考案しております。

報告事項3.「兵庫県への提案について」の提案内容で、3月末に解散した「ひょうご大学連携事業推進機構」が実施していたひょうごオープンカレッジ、「大学キャンパスで生涯学習」を引き受けるなどの対応を考えているのか?2008年度は「HEM21」がプランを引き継いで実施できたが、来年度に関しては、彼らから各大学に個別に参加要請を依頼されるが、「HERO21」での実施は難しいと思われる。

【理事濱名篤が回答】
兵庫県との対話については、アンケート調査結果も参考に理事長、事務局で対応して行く。

議決事項

第1号議案 役員3名選任の件について

議長山根耕平が詳細に説明し、その議決を諮ったところ,異義なく原案どおり承認可決された。

第2号議案 平成20年度事業計画

理事濱名篤が詳細に説明した。

議長が、第2号議案に付き、その議決を諮ったところ、異議なく原案どおり承認可決された。

以上をもって本総会における報告および全議案の審議を終了したので、議長は午後2時10分閉会を宣した。

<< 戻る

このページの上へ↑