Ⅱ.企業が大学・学生に求めていること(1)企業の採用における重視項目について(問12)

新卒採用、企業は何を求めている!?
『企業調査結果レポート』
Report

企業調査結果レポート

Ⅱ.企業が大学・学生に求めていること

(1)企業の採用における重視項目について(問12)

多くの企業においてスキル・経験・基礎学力よりも人柄を重視される人物像優先のなかでも「意欲」や「熱意」を重視されているという点では、入社に対する「目的意識」や「目標意識」など入社後への視点を持った学生を、企業は採用において重視しているといえる。

近年、学生の志望動機においても単に志望企業への興味や関心の理由だけにとどまる学生と、目的や目標があるからこそ志望するという学生に分かれるが、実際には前者が圧倒的大多数である。

また近年では面接において「入社後やりたいことは何ですか?」という質問がとても重要度を増しており、その質問に対する学生の回答が、就職というものをどのように見ているか?企業にとって自社でこれから働くということをどれだけ意識できているかを判断する材料になっている。すなわち、学生の過去の経験の素晴らしさや人当りとしての印象の良さ以上に、学生の意欲や熱意を測る視点は「未来」に対する意識だといえる。

同時に未来のことは過去の経験談ではないため、学生の持つ考え方や価値観が反映される。どれだけ大学時代に高い活動成果を上げていて何をアピールしたとしても、考え方の未熟さや甘さでご縁を絶たれてしまうというのは就職活動における盲点の一つであり、働く意識の醸成というものは学生本人にとっても、大学にとってもキャリアデザインへの取り組みの大切なポイントになってくるといえるのではないだろうか?

【問12】採用における重視項目

(2)企業が学生に期待する能力や知識について